HOME香りと心の旅からの便りマインドフルネス呼吸法と、無意識からの「真のテーマ」の浮上

マインドフルネス呼吸法と、
無意識からの「真のテーマ」の浮上

1年のおしまい、大晦日ですね。
気忙しい中でも……、あなたの心は「今、ここ」に在りますか?

こんにちは。
アンフォールド”の 立野博一です。
大晦日に、無料メルマガ香りと心の旅からの便り最新号をお届けします。

◎「香りや嗅覚を手がかりに無意識(潜在意識)とワークする方法」無料公開第2回

私は2000年からこれまで16年、「香りの対面セッション」をお客様に提供しながら、
「アロマを手がかりに、心の深層を旅するような体験」
つまり、
「精油を手掛かりに、無意識(潜在意識)にワークする方法」を、
研究・ブラッシュアップしてきました。

そこで、「香りの対面セッション」で行っている、
「精油を手がかりに無意識(潜在意識)とワークする方法」の基本を、スペシャル無料公開することにしました!

前回は第1回として、
【準備ステップ】から【導入ステップ】迄を以下のように、ご説明しましたね。

【準備ステップ1】アイスブレイクと、信頼関係(ラポール)作り

【準備ステップ2】ストレッチで体をゆるめる

【導入ステップ1】その日のセッションの「テーマ」「入口」「今、気になっていること」「悩んでいること」を確かめる。


◎実は、導入段階もひじょうに重要な過程

達人的な心理セラピストやカウンセラーは、セッションの「最初の15分間」にも、
ナニゲナク・繊細であり、そして特別な関わりを、
クライアントさんに行っているようです。
ですから……、心理セラピーやカウンセリング、コーチングを学ぶならば、
「最初の15分間に何が行なわれているか?」にも、注目すると良いですよ。


そして今回の連載「第1回」をもしもご覧になっていない方には……、
”アンフォールド”HPからあらためてご覧いただけます 
【第1回:香りや嗅覚を手がかりに無意識とワークする方法】はココをクリック

◎それではひき続き、「精油を手がかりに無意識(潜在意識)とワークする方法」をご紹介しましょう


【導入ステップ2】マインドフルネス呼吸法をして、「マインドフルな意識状態」になる

ここで私の「香りの対面セッション」では、次に「マインドフルネス呼吸法」を10分余りの短い時間、
お客様(クライアントさん)と練習することが多いです。
「マインドフルネス呼吸法」とは、今している自分の「吐き出す呼吸」「吸う呼吸」に意識を向けて、
ただ、呼吸と一緒にいるーーという呼吸法であり、瞑想法です。

最初は、鼻や口の辺りで自分の呼吸を感じ、

次に肺や胸の辺りで自分の呼吸を感じて、

そしてお腹で自分の呼吸を感じるように、
段々と意識を向ける部分を身体の下の方へ降ろして行きます。

すると、腹式呼吸を普段はしていない方であっても、
比較的容易に腹式呼吸をしやすくなります。
そして、腹式呼吸をしばらくしていると……、
普段よりも意識が広がって、おおらかに自分自身を省りみられる意識状態になります。
これを、「マインドフルな意識状態」と呼んでます。
リラックスして、やさしく、
ご自身の無意識(潜在意識)にアクセスしやすい状態になるのです。

【導入ステップ3】「マインドフルな意識状態」の中で、
最初に話された「テーマ」「入口」をもう1度想い出していただきます

すると……、
これだけでも、チョット意識のシフトが起こるのです。

あるいは、この時点で、
「何か? 連想したり、思い出すことはありますか?」と、
私は質問します。

例えば、
「イライラを感じて、眠れない」という「悩み」を最初に話されたとしたら……、


実は、パートナー(旦那さん/奥さん/恋人)に対して、
「本当は言いたいこと」が溜まっているのだけれど、「うまく伝えられてない」
ということがお客様(クライアントさん)の内面で、浮上してくるかもしれない。


あるいは(ご本人は関連はつかめないのですが、どうしてか?)、
自分が幼かった頃の、お母さん(あるいはお父さん)との記憶が、
フト湧きあがってくるかもしれません。

◎こうして「マインドフルな意識状態」の中で湧いてくることが、
セッションの「真のテーマ」なのです。

ここが、その方の無意識(潜在意識)が癒されること、
あるいは変化・変容を求めているポイントなのです。

「マインドフルネス呼吸法」は、とてもシンプルで、基本的な呼吸法でありメディテーションですが、
とても奥深いアプローチです。
うまく行けば……、
10分、15分ほど「マインドフルネス呼吸法」するだけでも、
それまでになかった「気づき」や「意識変容」が生じます。

特に、「ウツ状態」「パニック」「不安」「焦り」を感じている時には、
「マインドフルネス呼吸法」は有効なのです。
もともとジョン・カバットジン博士の研究では、
「ウツ病」の再発防止に特に効果的とされて、
「マインドフルネス呼吸法」は広がったのでした。
この意味でも「マインドフルネス呼吸法」は、
効果的でしかも安全な、
多くの方にお勧めできるアプローチなのです。


そして「マインドフルネス呼吸法」では、
「息を吐き出す」ことが(できれば「吐ききる」ように)、大切なのです。
「息を吐き出す」「吐ききる」ことによって、
呼吸をして・生きている「身体そのもの」に、自分の意識の焦点を戻せます。


そして、「吐き出す呼吸」と「吸い込む呼吸」と、ただ一緒にいること
ーーが大切なのです。
「思考するアタマ」を、できる限り(できるだけ、ですよ)
脇に置くようにしましょう。

◎ここから、浮上してきた「真のテーマ」に対応して、
「精油(エッセンシャル・オイル)で無意識(潜在意識)に働きかけるワーク」をできるわけです。

例えばーー

・感情を吐き出すのが必要な方には、「感情表現をしやすくなる精油」を、

・自己肯定感が不足している方には、「自己肯定感を高める精油」を、

・インナー・チャイルド(幼児期の記憶や感情)の問題がありそうな方には、
「インナー・チャイルドの無邪気さや輝きを感じやすくなる精油」も、あります。


私の「香りの対面セッション」の実践では、様々な心理状態に対応する精油(エッセンシャル・オイル)を、
研究してきました。
詳しいこの続きは、「第3回」で解説しましょう!

◎よかったら、無料メール講座【アロマ体験を10倍レベルアップする香りのかぎ方7つのコツ】も、併せてお読み下さい

「においや香りをかぐのは、誰にでもカンタンに出来るハズ」とーー
もしかしたら思っていませんか?
実は、効果的にアロマの香りを体験する「コツ」が、いくつかあるのです。
他ではあまり紹介されてない「アロマのかぎ方のコツ」を、
【無料メール講座】として私はご提供しています。

この「香りや嗅覚を手がかりに無意識(潜在意識)とワークする方法」のスペシャル連載は、
ベースとしてこの「アロマのかぎ方のコツ」があります。
よかったらこの機会に、
無料メール講座【アロマ体験を10倍レベルアップする香りのかぎ方7つのコツ】を読んでみて下さいね。
>>詳しくはこちら

◎そして、あなたの「質問」や「感想」を、遠慮なくぜひ教えて下さい

「香りや嗅覚を手がかりに無意識(潜在意識)とワークする方法」についての、
「質問」や「感想」がございましたら、
遠慮なく、Eメールまたは電話で私=立野にお知らせ下さいね。

連絡先

これから数回に渡り連載して行きますが……、
皆さんからのご要望やリクエストに対応して、原稿を作って行きます。
いかかでしょうか?

→→次号【第3回】に続く



◎無料メルマガ【香りと心の旅からの便り】を読んでみませんか

DC042(変換後)



フト瞬間感じた香りから、おもいがけない記憶や感情を、
あなたは呼び覚まされたことはありますか?

嗅覚(きゅうかく)は脳にダイレクトに伝わり、
神経系・ホルモン(内分泌系)・免疫系に影響を与えるのです。


こうした心と体に関わるアロマテラピー(芳香療法)や、
さまざまな心理的セラピーの情報、
今の激動の時代を自分らしく生きるための情報やヒント、「気づき」のエッセイを
無料メルマガとしてお届けしています。

☆こんなあなたにお薦め☆

  • 植物の香りを手がかりに、「自分や人間を深く知る」
    「本来の自分に出会う」ことに関心をお持ちの方。
  • 精油(エッセンシャル・オイル)をもちいて、無意識(潜在意識)にはたらきかける
    方法の実際を知りたい方。
  • 精油でアロマ香水を作るための「コツ」や、
    香りに対する感性/センスについて知りたい方。
  • 人生や生き方に、根本的な変化を起こしたい方
    (アロマテラピーだけにこだわらず)。
  • 深層の意識、無意識あるいは潜在意識に関心をお持ちの方。
  • メディテーション(瞑想法)に関心をお持ちの方。
  • 一般的なアロマテラピーよりも、ディープなアロマテラピーや
    精油の活用法を知りたい方。
  • 現代の変化し続ける時代に、前向きに生きるための
    視座と知恵を求めている方。


☆☆☆「ビビッ」と感じたら、気軽にフォームからご登録下さい☆☆☆

☆☆☆またはEメールまたは電話で気軽にご連絡ください☆☆☆

連絡先