HOME香りと心の旅からの便り心の「100の引出し」を開くコツとは

心の「100の引出し」を開くコツとは

100の引出し037(250変換後)



もしも、あなたがまだ気づいていない「豊かな何か」が、
心の底に眠っているとしたら……いかがでしょうか?


こんにちは。
立野 博一です。

よく言われていることですが……、私たちの顕在意識=「自分でわかっている自分」はごくわずかで、
無意識あるいは潜在意識=「自分でもよくわかっていない自分の心」の方が、
遥かに大きく広がっています。


これを私の入門編講座などでは、「100の引出し」に喩えて、お話しするのです。
あなたの心がもしも、「100の引出し」としたら……?


ひとはたいてい、5個くらいの引出ししか、開いていないのです。
あなたの心には、まだ開いていない95個の引出しがあるのです。
こんな比喩を使うと、
無意識(潜在意識)をイメージしやすくなるのではないでしょうか?


そして、ご自身の無意識(潜在意識)を掘り下げるワークをすることで、
いわば7番目の引出しが開いたり、
35番目の引出しや、72番目の引出しが開いたりするわけです。


自分の思考を越えて、意図しないところで、
おそらく……、「今のあなたに必要な引出し」が開かれるのです。
これが、無意識(潜在意識)の知恵というものでしょう。

潜在意識の引出しを開く「コツ」も、いくつかあります。

まずは、自分自身の無意識(潜在意識)を信頼すること、フレンドリーな態度でいることです。
あなたの、まだ気づいていない宝物が、
豊かな何かが、可能性が、
無意識(潜在意識)に埋蔵されているかもしれない。

無前提に、自分自身の無意識(潜在意識)を信頼することは、
1番に重要な潜在意識の引出しを開く「コツ」です。

2番目の「コツ」として、リラックスした心と脳、体でいること。
できる限り、リラックスしていると……、
心と脳がオープンな活性状態になり、
「気づき」や直感(インスピレーション)が湧きやすくなります。

3番目の実践的「コツ」として、もしもあなたの潜在意識の引出しが開き始めたら……、
開いた引出しの中でも、「1番理性ではわからないこと」に着目しましょう!
「自分の思考から遠い何か」に着目しよう。


これは、私の「コーチング」「香りの個人(対面)セッション」でもしばしば行うことですが、
お客様(クライアントさん)のお話される内容の中でも、
「1番理性ではわからないこと」や「思考から遠い何か」に向かい合う時、
格段に深い「気づき」が生まれます。収穫があるものです。

真面目な方ほど、「1番理性ではわからないこと」や「思考から遠い何か」を、
遠ざける傾向がありますよね〜。

それは実は……、

「深層の自分」「ホンネの自分」に直面するのを怖れている・不安があるから、
かもしれないですね。
ここでまた、無意識(潜在意識)への信頼を想い出して下さい。
そして、勇気を持って、ご自身の心と向かい合うように。

無意識(潜在意識)はきっと、あなたに「良きもの」「豊かなもの」を伝えてくれますよ!
いかがでしょうか?

→→次号に続く



☆☆☆こんな内容でメルマガ「香りと心の旅からの便り」を送信しています☆☆☆
↓  登録・解除はこちらから、お気軽にどうぞ  ↓

「携帯版 香りと心からの旅からの便り」登録/解除はこちら