HOME香りと心の旅からの便り自己実現の道は「自分という人間」を深く知ることから

自己実現の道は「自分という人間」を深く知ることから

立野の赤ん坊時代です

「アラ? 自分にもこんな一面もあったんだ!」と、
意外な自分と出会う瞬間、あなたにはありますか?


こんにちは。
【アロマテラピー×心理ワーク】の 立野博一です。
無料メルマガ香りと心の旅からの便り最新号から、ご紹介します。


ひとが人生を100%以上活かして生きたい時、
この人生を「自分らしく生きたい」「より良く生きよう」と願う時、
ーー3つの在り方のステージがあるようです。
「自己発見」「自己実現」「自己統合」という3つのステージが。


今号では、この3つの在り方のステージと、
特に最初の「自己発見」のステージについて、私はご紹介したいです。
これは、「自分らしく生きたい」という時、ひじょうに重要なポイントですので、
ぜひ、文末までお読み下さいね。

◎「自己発見」→「自己実現」→「自己統合」3つのステージ

「自己発見」のステージとは、「自分という人間を深くふか〜く知る」プロセスと言えるでしょう。
自分の内面をみつめ、
そして他者と対話したり・コミュニケートする中でも、
「自分という人間」のデコボコを理解できるのです。


・「自己実現」のステージとは、そうして「自己発見」のステージでつかんだ、
その人自身の個性や長所、強み、そして目的や方向性を持って、
現実社会で行動・実践して行くプロセスと言えるでしょう。

すると……、
他者や社会との関わりが生まれ、
そこでリアルに獲得される経験や実績があります。


・「自己統合」のステージとは、ひとの中にさまざまな部分的な人格もあり
(ロールとかパートと呼ばれます)、
また、「陽の部分」も「陰の部分」も持っているものです。

「自己実現」のステージでつかんだ目的や方向性、経験や実績を、
「陽(ポジティブ)」も「陰(ネガティブ)」も全体として受け入れて、
統合して生きるプロセスと、これは言えるでしょう。

おおむね人は、「自己発見」→「自己実現」→「自己統合」と在り方のステージを進んでいくようなのですが、
私=立野としては、最初の「自己発見のステージ」が何より重要では?
と、考えているのです。


3つのステージは、直線的につながっているというよりも、螺旋(らせん)的に変化する過程であり、
「自己実現」のプロセスの中でまた「自己発見」があり、
「自己統合」のプロセスの中でも、新たな「自己発見」がありと、
何度もひとは「自己発見」に、立ち戻りながら、
らせん的に成長するのではないでしょうか?


あるいは、明晰な・曇りない眼で自分自身を見られるひとは、
瞬間瞬間に、新たな「自己発見」をできるでしょう。
「こんな自分も、あるんだ〜」と、笑いながら。

この意味で、赤ん坊のような新鮮な眼で「自己発見」することが、
人生を100%以上豊かな体験として生きたい時、
「自分らしく生きたい」「より良く生きよう」とする時、最も重要なのではとーー
さまざまな方々とコーチングやカウンセリングの相談をしていて、私は実感しています。

◎大人になると、「自分のことは十分わかっている」と思い込みがち

とはいえ不思議なことですが……、ひとは大人になると、
「自分自身のことは十分によくわかっている」と、思いがちですね。
隅から隅まで「100%自分のことはわかっている」と。


もしかしたら、ここが、
人間が悩みや、生きる中で「壁」と感じることが生じる、
多くの原因となっているのではないでしょうか?

ひとは赤ん坊の頃から成長してくる過程で、無数のさまざまな知覚や体験をして、
そこから「自分自身」や「自分をとりまく世界」についてのイメージや記憶を育み、
内的世界を形作って行きます。

その中で、実際に体験したことから、
「とり入れられた部分」と「とり入れられなかった部分」があるようなのです。

そして実は……、
「とり入れられなかった部分」の周辺にその人が変容できる可能性が、
しばしば含まれているようでもあるのですね。

「初めは(立野注・赤ん坊の頃は)360度あった自己が、
例えば267度の自己になってしまうのです。
しかし、そのストーリーの周りには常に本来の生の体験の材料があり、
そこには私たちがまだ発展させていない潜在力が
含まれているのです。」
ビル・オハンロン著「インクルーシブ・セラピー」p92から



現代催眠の天才ミルトン・H・エリクソンを継承する弟子の1人 ビル・オハンロン氏は、
こんな風にも書いています。

◎私の経験をチョットご紹介すれば……

例えば先日あるイベントで、人前で話をする時がありました。
私が話し始めた瞬間、
どうしてか? 唇の右端が硬直して、
スムーズに言葉を発っせない自分に気づいたのです。

もともと私は滑舌があまり良くなかったりもしますので……、
唇の右端が動かしにくいと、ずいぶんと言葉を発しにくい状態になってしまいます(汗)。

普段の私はこうした人前で話をする時、
むしろリラックスし過ぎる傾向がある位なのです。
「一体、何が起こっているのだろう??」と、
自分でも不思議に思いました。


そしてひと段落した後……、
「唇の右端」の硬直は何を私を伝えようとしているのか?
「体の言い分」に耳をかたけてみたのです。

すると……、

「人から『理解されたい』という想いを手放す」

「人前で『うまく振る舞いたい』という欲望を手放す」

ーーというメッセージが、「唇の右端」から伝わってきたのですね。

そして、これを受け入れると……、


全身がリラックスして、
冷静に周囲をながめられる状態に、私は戻りました。


ここでは、唇の右端が硬直して、一瞬パニックになりそうな私は、
体験から「とり入れられる部分」と「とり入れられない部分」の、
まさに境界部分にいるのでしょう。

つまり、
「唇の右端の言い分」に耳をかたむけたことは、
「とり入れられない部分」の境界部分に素直に向かいあう体験でもあったのでした。

チョットした私の体験談ですが、
これもオハンロン氏の言う「ストーリーの周りにある本来の生の体験の材料」
と思うのです。

◎まとめますと:

大人になると、「自分のことは十分わかっている」と思う傾向も私達はありがちですが、
赤ん坊のように(できる限り)新鮮な眼で自分自身を見る時、
瞬間瞬間に、新たな「自己発見」しやすくなる。
何歳になっているとしても、です。
「自分という人間を深く知ること」には、終わりは無いのです。


すると、「自分というイメージ(セルフ・イメージ)」に余裕を持てるようになりますので、
気楽に・リラックスして生きやすくなりますし、
「自分らしく生きる」という意味でも、
今までにない新たな可能性や「ふところの深さ」を育ててくれるでしょう。

→→次号に続く

☆☆☆【最大25%off☆年末年始2016ふり返り+2017行動計画コーチング】をサービス料金でご提供☆☆☆
〜期間限定先着8名様迄〜

ふり返り+行動計画C (1)(350変換後)

1回2時間のコーチング・セッションを2回行い、
あなたの「2016年ふり返り」と「2017年行動計画作り」を2人3脚でサポートします。

この機会に「まとまった時間」を確保し、集中して、
あなたの「本当にやりたいこと」をみつめる時間を持ちませんか?
「ふり返り」も「行動計画作り」も、1人では億劫に感じるかもしれないですが……、
コーチングでわかりやすく、あなたの未来を「見える化」できます。

あなたのご希望する日時に合わせて、
対面でも、Skype(インターネットの無料TV電話)でも、出張でも可能ですので、
日本全国どちらのエリアにも対応いたします。

◎基本として2回のセッション:

【第1回セッション】2時間の「2016年ふり返りコーチング」
【第2回セッション】2時間の「2017年行動計画作りコーチング」

【第1回目】と【2回目】の間に、脳を休めるインターバルの時間も持つ方が良いです。
このインターバルは、数日でも、最低30分程度でも大丈夫。

あるいは、どちらか1方だけのセッション1回2時間でも、対応出来ます。
(1方だけの場合は、「ふり返り」または「行動計画」どちらかを選んで下さい。)

☆☆☆こんなあなたにお薦め☆☆☆

・ライフテーマ、未来のビジョン、方向性、目標、「本当にやりたいこと」を探している方。
とはいえ、「1人ではやりにくい」とも感じておられる方。

・御仕事やビジネスの新しい方向性を見いだしたい方。
ビジネス・パーソン、経営者、自営業者、フリーランスの方。

・御自身のキャリアや人生全体の中で「大きな転機」を迎えている方

・具体的にリアルに、ご自身の「未来計画」を作り、実現したい方

・お仕事に向かう「ヤル気」「モチベーション」を心から引き出したい方

・転職、適職、「本当に自分に合った仕事」=天職を探している方

・子育てが一段落して「第2の人生」を模索している方

・リタイアされて、新しい「第2の人生」を探しておられるシニアの方

・自分らしいスタイルで、社会や環境、地球全体に貢献して・活躍したい方


◎セッション受付期間:できるだけ早めに取り組むのがお薦めです!

年内:2016/11/21(月)〜12/31(土) 大晦日迄出来るようになりました。
年始:2017/1/3(火)〜1/15(日)
午前8時〜夜11時まで対応。
【先着8名様迄】のサービスです。

☆☆☆ビビッと感じたら、今スグご予約/お問い合わせ下さい☆☆☆
   ↓    ↓
>>詳しくはHPからご覧下さい http://goo.gl/vqJ1Yc