HOME香りと心の旅からの便り「言葉にされた部分」と「言葉にならなかった部分」両方同時に

「言葉にされた部分」と「言葉にならなかった部分」両方同時に

working-cafe(300変換後)

あなたは「言葉にあらわすこと」を好みますか?
それとも「言葉にならない何か」を大切にしたいですか?

こんにちは。
【アロマテラピー×心理ワーク】の 立野博一です。
無料メルマガ香りと心の旅からの便り最新号を、お届けします!

コミュニケーションではその人ご自身の内面で、
「言葉にして出せた部分」「アウトプットできた部分」と、
「うまく言葉に出せなかった部分」「自分でも言葉にならない何か」が、
ありますね。

論理思考の強い方は、思考や想いを言葉にするのが得意でしょう。
とはいえ、「言葉にしきれなかった部分」も少しは存在するハズ。

感覚/直感志向の方は、「うまく言葉に出せなかった部分」「自分でも言葉にならない何か」を、
むしろ大切にされているかもしれない。
とはいえそんな中でも、あなたの体験している世界を、
出来る限り他者に伝えられたら……、イイですよね。

私=立野がセッションでも日常生活でも、人とコミュニケーションする時に最近心を配っているのは、
この「言葉にされた部分」と「言葉にならなかった部分」両方に同時進行で耳をかたむけるーー
ということなんです。

目の前の人の論理や文脈、「言葉にされた部分」をしっかり追いながら、
同時に「言葉にされなかった何か?」
そしてご本人も「無意識に感じているかもしれないけれど、ハッキリは認知していない何か」も、
私は同時進行でキャッチしようとしています。

これが最近、割と上手くキャッチできるようになりつつある手応えがありまして、
とても面白く感じています。
例えばコーチングカウンセリングのセッションで、
クライアントさん(体験者)の「言葉にならなかった部分」を直感でキャッチして、

「もしかしたら……、あなたの心の深い所には、
◯◯◯ということもあるのではないですか?」
ーーと聞きます。
これがフシギな位、最近合っていることが増えています(笑)。

基本的に論理思考(ロジカル・シンキング)と感覚/直感志向はずいぶん違う世界ですが、
私の中で両立しつつあるのです。

とはいえ、です。
感覚/直観で目の前の方の「言葉にしていない何か」をキャッチできつつあるとしても、
これをテレパシーとか、超能力的なものとして盛り上がるつもりは、
私には毛頭無いのです。
むしろ、「直感で感じるけれど……、まったく見当はずれかもしれない」という、
謙虚な態度が大切と考えます。

あなたは人と会話する時に、
「言葉にされた部分」に着目していますか?
それとも「言葉にされなかった部分」に着目しているでしょうか?

◎言葉にこだわり過ぎず、言葉に表すことも大切にしたら……

大まかな傾向として、
「言葉にされなかった何か」とは、無意識(潜在意識)の1部であるから、
その方の「ホンネ」であることが多いです。
この意味で、感覚/直感志向の方が、「言葉にされなかった何か」を感じとりたいと思うのは、
私もわかります。
とはいえそれを1部分だけでも、
「誰にでもわかりやすい言葉や文脈」でアウトプットできると良いのではないでしょうか?

そして論理思考の方は、言葉にしてアウトプットするのは得意でしょうが、
これは表面的な「建前」であることが多いのではないでしょうか?
もっと深い、ご自身の「ホンネ」を、
適切に言葉にして表現できると良いですね〜。

こうした意味で、人と話す時に、人と向かい合う時に、
「言葉にされた部分」と「言葉にならなかった部分」両方に同時に耳をかたむけるトレーニングを、
私はお薦めしたいです。

すると……、

おそらく、今まで気づけなかったような、
コミュニケーションの複雑で不思議な世界が、
あなたの前に現れて来るでしょう。

◎さらに人との間で

もしも相手が論理思考の人だったら……、
相手の言葉がチョット停まった瞬間に、

「たった今、あなたは何を感じていますか?」

「たった今、あなたの内面では何が湧いていますか?」

ーーと、問いかけてみるのも良いでしょう。
おそらく、相手の方も、
普段思ってもいない何かに、「気づけ」るかもしれない。

あるいは相手が感覚/直感志向の人だったら……、
相手が感じている「言葉にならない何か」を、
まずは色エンピツやクレパスでラクガキを描いてみる、
手や体の動作で表してみる、
一言のキーワードにしてみるーー等を促すようにすると、
あなたと相手の間でわかり合いやすくなるでしょう。

こうして、「言葉にするのが得意な人」は、言葉になりにくい世界に触れて、
「言葉にするのが苦手な人」は、それを言葉につなげる工夫をして、
お互いの世界を少しでも共有できるようになると、
本当に素晴らしいですね!
論理思考の世界と、感覚/直感志向の世界の間に、
橋が架かるでしょう。

いかがでしょうか?
あなたのご感想・ご意見を、ぜひおしえて下さい。

→→次号に続く

◎そして無料メルマガ【香りと心の旅からの便り】を読んでみませんか

DC042(変換後)

フト瞬間感じた香りから、おもいがけない記憶や感情を、
あなたは呼び覚まされたことはありますか?
嗅覚(きゅうかく)は脳にダイレクトに伝わり、
神経系・ホルモン(内分泌系)・免疫系に影響を与えるのです。

こうした心と体に関わるアロマテラピー(芳香療法)や、
さまざまな心理的セラピーの情報、
今の激動の時代を自分らしく生きるための情報やヒント、「気づき」のエッセイを
無料メルマガとしてお届けしています。

☆☆☆「ビビッ」と感じたら、気軽にフォームからご登録下さい☆☆☆

↓ 携帯電話はこちら ↓

連絡先