HOME香りと心の旅からの便りナチュラルな植物の香りを超カンタンに楽しむ方法

ナチュラルな植物の香りを超カンタンに楽しむ方法

yomogi150311(250変換後)

こんにちは。
立野 博一です。
私の所ではこの冬、ハロゲンヒーターで暖をとっているのですが、
そこに昨日3/10、ある「ご縁」がありまして……、
奄美・与論島産のヨモギが届きました。
これが、植物自体の持つみずみずしさで、
包んでいる新聞紙もシットリ湿っているくらいなのですね。
そこで私は、右の画像のようにハロゲンヒーターの前に置いて、
新聞紙ごとヨモギを乾燥させてみたのです。

すると、数分後には……、

ヨモギ特有の甘い香りが部屋にたちこめてきて、
ウ〜ン、かなりイイ感じです(笑)。

一般的には、精油(エッセンシャル・オイル)をポットや超音波式ディフューザー(拡散器)で、
香りを空間に広げている方が多いでしょう。
そこで、「ヒーターの前に生の植物を置くだけ」というこんな簡単な方法でも、
十分に植物の持っている成分が揮発して、使えるようなのです!

この方法はいくつかの興味深いポイントがあります

・精油に製品化されていない種類の植物でも、香りを楽しめる。
 私の手元にある「アルモアズ(モロッコ産ヨモギ)」の精油と比べてみましたが、
 やはり微妙に香りも成分も違っているようです。

・精油とはまた違って、マイルドで、
 同時に植物そのものが持つ香りやエネルギー、バイブレーション(波動)を全体的に感じられる。

・私たちの身近にある植物で実験して・楽しめる。

ちなみにヨモギはキク科の、私たちにはとても身近なハーブの1つです。
これを干した後、煎じて飲めば、健胃、腹痛、下痢、貧血、冷え性などに良いと言われている。
また、風呂に入れても良く、腰痛や痔にとても良いそうです。
お灸のモグサとして使われているのも、ヨモギですね。


南西諸島には、「ニシヨモギ A. indica Willd. var. orientalis (Pamp.) Hara」という種が自生するので、
これかもしれません。
沖縄料理では、「ふーちばーじゅーしー」でも知られています。

見た目は地味なヨモギですが、薬草ハーブとしてのチカラ/ポテンシャルは、
古代からひじょうに重用されてきた植物なのです。
そうしたヨモギを、こんな簡単な方法で楽しめますよ!
他にも与論島の「月桃」「フェンネル」「バジル」「レモングラス」等が送られてきましたので、
それぞれの植物をこの方法やハーブティーで、
私は試してみたいです。


いかがでしょうか?

アンフォールド・ネットショップでも、「アルモアズ」の精油をお分けしています。

>>詳しくはココをクリック

▼ご注意:ハロゲンヒーターでこの方法を用いる時は、くれぐれも火事にご注意下さい。

→→次号に続く



☆☆☆こんな内容でメルマガ「香りと心の旅からの便り」を送信しています☆☆☆
↓  登録・解除はこちらから、お気軽にどうぞ  ↓

「携帯版 香りと心からの旅からの便り」登録/解除はこちら