HOME香りと心の旅からの便りマインドフルネス呼吸法とアロマをつなげて続編

マインドフルネス呼吸法とアロマをつなげて続編

植物の香りをかぎ、呼吸をするだけで、
活力や自信が体から湧いて感じられたら……、いかがでしょうか?

こんにちは。
【アロマテラピー×心理ワーク】の立野博一です。
無料メルマガ香りと心の旅からの便りからご紹介します。


前号では、「マインドフルネス呼吸法とアロマをつなげて」というテーマで、
書いてみました。
今号ではもう1歩突っ込んで、「マインドフルネス呼吸法とアロマをつなげて」をめぐり、
あなたとご一緒に考えてみたいです。

◎目的や意図を持ってメディテーション(瞑想)するのは、誤り?

「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」は、仏教が生まれた当時にブッダが行っていた修行法に起源があるようです。
ですから真面目に仏教を学ばれている方や仏教徒からすれば……、
「何かの目的のために、意図を持ってメディテーション(瞑想)することが、そもそも誤っている」
と、思われるかもしれません。


あるいは「只管打坐(しかんたざ)」と、禅では言われますね。
「ただひたすらに坐禅する」という意味でしょう。
目的や意図は持たずに、ひたすら坐禅することが本来あるべきスタンスとされているわけです。


こうして、リラックスするためにとか、
気持ちを落ち着かせるために呼吸法をすることは、
真面目に仏教をとらえる視点からは、素直に肯定しにくいスタンスでもあるようです。

とはいえ、もっと一般大衆、普通の人の視点から考えてほしいのです。
普通の人が日常の中で、特別な意図や目的も持たずに坐禅したり・瞑想するということは、
あまり無いのではないでしょうか。
何かの「きっかけ」があって、
人は呼吸法や坐禅や瞑想(メディテーション)をするようになるのです。

例えばアロマが「きっかけ」としても、
呼吸法やメディテーションを日常の中で行う人が1人でも増えていったら……、


やがてその方が、特に目的もなく、
食事や睡眠と同じ位、日常生活の欠かせない1部として、
呼吸法やメディテーションをするようになったら……、


「アウエアネス 気づき」や「メタ視点から自分自身をながめること」が、
日常生活のごく自然な1部となったら……、
とても素晴らしいのではないでしょうか?


私=立野としてはこんな視点から、
「マインドフルネス呼吸法とアロマをつなげる」ことを、ご提案しています。

▶︎参考:メタ視点とは、自分も含めて環境や世界全体をふかんして眺める視点です。
「マインドフルネス呼吸法」をトレーニングすると、
意識が広がって、こうしたメタ視点も持てるようになります。

◎耽溺や依存ではなく、「背筋を伸して、意識を覚醒する志向のアロマテラピー」

もちろん私も、仏教の信者ではありませんので、
「マインドフルネス」とはいっても、仏教にこだわり過ぎなくて良いのではーー
とも考えます。

また、元々ブッダが見出したこととはむしろ「生き方の哲学」「生・病・老・死の哲学」であり、
宗教からも教団や宗派からも、本質的には別次元のことではないでしょうか。

ただ、「マインドフルネス呼吸法とアロマをつなげる」時、注意したいこととして1つあるのはーー
これは精油に「耽溺」や「依存」するためではない、ということです。

とはいえ、精油には例えばジャスミンやイランイランのように、
香りの中におぼれるように感じやすい(認知しやすい)種類も、
実際あります。


そこで私としては、「マインドフルネス呼吸法とアロマをつなげる」のをご提案する上で、
「耽溺」や「依存」とは違う種類の、
そして心の状態や脳の変化を感じられる種類の精油もありますから、
これらをお薦めしたいです。


例えば、「スプルース・ブラック」という精油があります。
これは、カナダ産のマツ科の針葉樹から抽出した精油です。 
副腎皮質を活性化するコルチゾール特性と、
胸腺を活性化し免疫系を賦活する力を合わせ持つものですが、
ネイティブ・アメリカン(いわゆるインディアンの人々)は、グレート・スピリットと繋がるために、
ビジョン・クエスト等の儀式や瞑想でこれを用いるようです。

▶︎参考:グレート・スピリットとは、ネイティブ・アメリカンの精神文化における、
この世の中心であり、創造主。
宇宙の根本原理として尊重されている存在。

あるいは、「ファー(もみの木)」の精油もあります。
マツ科のクリスマスツリーに使われるモミノキから、抽出した精油です。
全身のエネルギーや「気」をアップするのに有効で、
冬に憂鬱になりやすい方(季節性感情障害)に特に役立つ精油です。

こうした「スプルース・ブラック」と「ファー(もみの木)」の精油の香りをかぎながら、「マインドフルネス呼吸法」するのはいかがでしょうか?
背筋がスーと自然に伸びて、
力強いエネルギーや「自信」が「丹田(ハラ)」から湧いて、
その人の体の内側から実感できるはずです。


私がご提案している「マインドフルネス呼吸法とアロマをつなげる」とは、
こんなスタイルで精油を活用し、
呼吸法を日常生活の1部として実践する方法なのです。

そしてこれは、日本で一般的に知られているアロマテラピー(芳香療法)とは、
ずいぶん違った実質を持つアプローチです。
いわば、「背筋を伸して、意識を覚醒する志向のアロマテラピー」です。
そんなアロマと呼吸法の可能性もあるということを、知っていただけたらウレシイです。
いかがでしょうか?

→→次号に続く

☆☆☆【アロマ×呼吸×マインドフルネス体験ワークショップ】9/20(火)、22(祝・木)開催@表参道の隠れ家的スペースで

oils-bun110707(300変換後)



ただ香りをかぐだけで心が静まり、
脳が活性化してアイデアが湧きやすくなります!

これは特に心と脳にはたらきかける、スペシャルな精油(エッセンシャル・オイル)を使って、
今、世界の最先端企業でも話題の「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」を集中的に体験する、
都会の中でも、どなたでもやさしく入りやすい、
アロマとマインドフルネス呼吸法の体験型ワークショップです。

他にない画期的な、そして私=立野としては入魂のイベントですので、
関心をお持ちの方はこの機会を逃さず、ぜひご参加下さいね。
遠方から新幹線や飛行機で来られたとしても、納得していただける内容です。

☆2016/9/20(火)夜7時〜10時「平日夜クラス」【残席9名】
☆2016/9/22(祝・木)午後1時〜4時30分「祝日午後クラス」【残席6名】
どちらでもご都合の良い方を選んで、お申込いただけます

◎こんなあなたにお薦め
☆メディテーション(瞑想法)や呼吸法に関心がある。けれども自分1人ではやりにくいという方

☆GoogleやTwitter等世界の最先端企業でも話題の「マインドフルネス呼吸法」を、気軽に・やさしく体験してみたい方

☆前向きに自分の仕事や毎日の行動、コミュニケーション、生き方を変えて行きたい方

☆「人生が前に進む実感」、自信、モチベーションを、心の底から湧き立たせ感じたい方

☆ご自身のビジネスや職場環境に、「マインドフルネス呼吸法」や「心理的アロマテラピー」を採り入れたい方

☆心理・メンタル面に関わるアロマテラピー(芳香療法)に、関心をお持ちの方

☆日本で現在一般的なアロマテラピーと、違った視点のアロマテラピーを求めている方

◎定員:各回12名までの少人数限定。


◎会場:渋谷区表参道の隠れ家的スペースにて。

ご予約の方には、会場への行き方をご案内します。

◎参加費:事前振込 3500円、当日支払 4500円

基本的に【事前振込優先】です。
無意識(潜在意識)にはたらくスペシャルな精油についての「レジュメ資料」プレゼント付き。

☆☆☆「ビビッ」と感じたら、今すぐご予約・お問い合わせ下さい☆☆☆

↓ こちらは携帯電話用フォームです。

☆またはEメール、電話でお問い合わせ下さい☆

連絡先