HOME香りと心の旅からの便り樹木のアロマの魅力2☆ジョン・スチール氏の精油達が到着しました

樹木のアロマの魅力2☆ジョン・スチール氏の精油達が到着しました

oils-bluelotus(変換後)

HOTニュースとして、昨日LAのジョン・スチール氏から樹木を中心にした精油達が、
”アンフォールド”に届いたことを、ここでもお知らせさせて下さい。

ジョン・スチール氏は、「古代エジプトや南米における、香りの変容のための使用法」について講演したり、
元シャーマンで画家の、パブロ・アマリンゴ氏に
精油を持ってペルーへ訪問したり、
人類史の中での植物と香りの癒しを1970年代から研究し続けている、
研究家でありアーティストです。

joho-I 3(変換後)

ジョン・スチール氏は世界中から「ベスト・オブ・ベスト(彼自身の言葉)」のクオリティのエッセンシャル・オイル(精油)を集めてまして、
そんな中から私は今回、
ブラック・スプルースやダグラス・ファー等、以下の15種類の精油達を仕入れています。
ひじょうに繊細であり、同時に豊かなバイブレーションを持つのが、
ジョン・スチール氏の精油の特長です!

  • ブラック・スプルース カナダ産:とても爽やかで清らかな、樹木の香り。
    香りの粒子が細かい感じがします。
    このメルマガの前号でも書いた、ラコタ・インディアンが、
    「グレイト・スピリット」と交感するチカラを高めるために頼りとする樹です。
    今こうしてテイスティングしていても、
    体の下の方からチカラが湧いて来るのが、たしかに感じられます。

  • スコッチ・パイン(松)・オーガニック ボスニア産:すぐに肺が広がり呼吸しやすくなる。
    これもスッキリしていて、同時に親しみも感じる香り。
    ボスニアから届いた精油であり、長く内戦にさらされていたあの地域でも、
    こんな純粋さを感じさせる樹木が生育しているのだと教えられて、
    感慨深いものもあります。

  • ダグラス・ファー(もみ)・ワイルド ボスニア産:濃厚で太く豊かな、樹木の香り。
    ただかいでいるだけでも、胸(ハート、心臓)からみぞおち、お腹(ハラ)にかけて、
    「安心」が広がっていくのが感じられます。

  • リンデン・リーフ(菩提樹) ネパール産:独特な甘さと、まろやかさを持つ菩提樹の葉から水蒸気蒸留された香り。
    私にはなんだか、「胸がキュン」とするようにも感じられるのは、どうしてなのでしょう(笑)

  • フランキンセンス(乳香) ソマリア産:これは樹脂の香りをしっかり持った、
    乳香では最高級といわれるソマリア産です。
    (実はフランキンセンスは、産地と産出年によって随分香りが変化します。)
    呼吸が落ち着いて、ただかいでいるだけでも神聖な気持ちになります。

ブラック・スプルース等の樹木の香りとフランキンセンスを同時にかげば、さらに効果的に、
気分が落ち着いて自分の「中心軸」を感じて、
グランディング(地に足をつけた心の状態)しやすくなるでしょう!
樹木の精油の持つこうした素晴らしい面を、
ぜひ皆さんに知っていただきたいとーー私はおもっています。
「森林の香り」が、あなたの内で「元気と再生」を、きっと感じさせてくれるでしょう!

”アンフォールド”として私は現在、ジョン・スチール氏の精油約100種類をもちいて、これらのメニューを行っていますーー

  • 「アロマ香水ブレンド(個人オーダーメード)」

    >>ジョン・スチール氏の精油とは


    関心をお持ちの方は気軽に、ここでジョン・スチール氏の精油を体験して下さいね!



    ☆☆☆こんな内容でメルマガ「香りと心の旅からの便り」を送信しています☆☆☆
    ↓  登録・解除はこちらから、お気軽にどうぞ  ↓

「携帯版 香りと心からの旅からの便り」登録/解除はこちら