「生きる」ことがフトわからなくなる大人のための「対話」

↑ クリックすればYoutube動画からご覧になれます ↑

こんにちは。
【アロマテラピー×心理ワーク】の 立野博一です。
今日は、先ほどまでアメリカ先住民のフルート演奏家で制作家の小野昭一さんと、
2時間近くFBメッセンジャーでお話していました。
何かあれば……こうして気軽に連絡を下さるのが、
本当にありがたいです。

そして、こうして私と小野さんの間でかわされる「対話の時空間」が、とても重要だろうと思うのです。

では、私=立野と小野さんは、何をめぐって「対話」しているのでしょうか?

それは……、

おそらく、その根底には……、

「生きるとは? 存在とは何だろう?」という問いを抱えた、
長いながい旅をしてきたことが、あるようです。

もちろん現在の私は、そして小野さんも、
中学生や高校生みたいに、
あるいは太宰治や芥川龍之介みたいに、
正面からこの哲学的問いと格闘・苦悶しているわけではないのです。

むしろ、けっこう気持ちの距離感も持ちながら、
「生きる」「存在するとは何か」というテーマを眺めている。
笑いながら、
あるいは、自分自身に半ばあきれながら。

とはいえ、小野さんとの「対話」を掘り下げてみると、
その底には、
「生きるとは? 存在とは何だろう?」という問いに向かう、
意識のベクトルがあるのに、違いありません。

「生きるとは? 存在とは何だろう?」と、探求する長い旅を私はしてきましたし、
小野さんはそれ以上に長いながい旅を、されてきたのでしょう。

そして、小野さんは「ラブ・フルート」と出逢ったし、
私は、無意識(潜在意識)に関わるアロマテラピーと、出逢った。
樹木の笛「ラブ・フルート」と通して、
ひとは自らの「存在」を感じることをできるし、
精油(エッセンシャル・オイル)をかぎ・呼吸することを通して、
ひとは自らの存在の「全体性」にアクセスできるでしょう。


ただ、もう一つそこで本質的に重要なのは、
モノとしての「ラブ・フルート」ではなく、
モノとしての「精油 エッセンシャル・オイル」でもないのです。
「モノ」ではない。

「本当にほんとうに、大切なエッセンスは何なのか?
生きるために?」
ーーという問いに立ち帰る意識が、何より重要なのですね。

こんな風に、簡単には答えはみつからないでしょうが……、
「生きる」ことを、「存在の深層」で「対話する時空間」が、
小野さんと私の間で今、熟しつつあるようです。

「生きる」ことがフトわからなくなる大人のための「対話」を、してみたい。



☆☆☆アロマの香りを手がかりに、
深い内的世界・無意識とワークできます☆☆☆

oils-bun110707(300変換後)



☆香りの対面セッション(カウンセリング)
心の内面にはたらくエッセンシャル・オイル(精油)約100種類をもちいるセッションです。
心を癒し、気づき、変容し、成長する、内面を旅するような深いセラピー体験。
>>詳しくはこちら


☆無料お試し精油テイスティング体験
初めての方には、3種類のブランドの精油をお客様に実際に【無料】でかいでいただき、
ご説明するサービスも行ってます。
>>詳しくはこちら


☆アロマ香水ブレンド(個人オーダーメード)
あなたの「好きな香り」を中心に大切にしながら、プラス様々な香りも調合して、
「世界で1本だけのアロマ香水」をブレンド(調香)して作れます。
>>詳しくはこちら


☆アロマ香水ブレンド(調香)個人レッスン「基本コース」
アロマテラピー(芳香療法)でもちいる精油(エッセンシャル・オイル)を材料にして、
「世界で1本だけのアロマ香水」を作れます。
そしてあなたの創造性と感性次第では、
「お客様のためのオーダーメードのアロマ香水作り」を個人ビジネスとして副業にできます。
>>詳しくはこちら


☆アンフォールド・ネットショップ
アンフォールドならではの、心と身体、全体的(ホリスティック)な視点からの
エッセンシャル・オイル(精油)や各種のツールを通信販売でお届け。
>>詳しくはこちら



連絡先



コメント


認証コード8981

コメントは管理者の承認後に表示されます。