80歳になる母へのプレゼントを考える

DW183(変換後)

親が老いていき、70歳、80歳……となると、
子供としては「人生の重味」みたいな感じがありませんか?


こんにちは。
【心理的・ホリスティック・アロマテラピー研究所アンフォールド】の 立野博一です。

私の母は、今年10月で80歳となるのですが、
この時に何か記念になるイベントかプレゼントをできたらーーと、
思案しているのです。
(本人は、子供側が考えている程、実は重く考えてなかったりも、します。
「79歳の翌年は80歳で、その翌年は81歳でしょ」というように。
それも自然だし、理解できるのです。)


ごく平凡な兼業主婦として、働きながら子育てしてきた……。
とはいえ「人生いろいろ」、
これまで話してない苦労や葛藤……、
過去には様々あったに違いありません。


それを何らかの形で記録したら、良いのではないでしょうか?
そのアイテムは日記帳でも良いし、ICレコーダーでも良い。


歳をとると、「馴染んだ仕組み」しか受け入れられなくなるようで、
やはり、ペンや万年筆で書く「日記帳」が、
書いてもらいやすいかもしれないですね。


チョット豪華な皮装丁の日記帳であれば、
書くモチベーションを盛り上げてくれるでしょう。

アイデアとしてもう1つ、
「ボタンを押すだけで簡単に録音できるICレコーダー」で、声の日記を録るのもアリでしょう。
とはいえこれも、「馴染んだ仕組み」では無いから、
おそらく、やんわり断られるのだろうなあ〜。


「声の日記」を作れれば、とても面白いだろうと……、
年毎に声や話し方が祖母(母の母)にそっくりになってきた、
その声を聴くと、私は感じるのです。

マア、こういった老いた母へのプレゼントを考える事自体に、
おそらく意義があるのでしょう。
そして子供の世代にとっては……、
親の姿を通して「人生」「老い」そして「死」について洞察することに、
意味があります。



コメント


認証コード1403

コメントは管理者の承認後に表示されます。